クラウン・オン・クラウン + てつたろう・ぷろでゅーす

Crown on Clown + tetsutaro produce

tetsutaro produceとは

俳優・新里 哲太郎のプロデュースするお芝居・舞台公演。
人の内面、心の動きに一番のドラマを感じながら作り上げる彼の舞台は
“人間臭く、肌に触れてくるような世界観”
2015年に筆をとり、子供を産みたい男性と子供が産めなくなった女性を描いた
「竜の落とし子 -リライト-」にて始動
2016年には、自身の故郷である沖縄の第二次世界大戦終戦間際と現代との二重構成にて描いた
「雨ウツ音ナリツヅ9日々」を上演し、動員1000人を突破
昨年、2017年には、脚本家であり映画監督である渋谷悠の作品「狼少年タチバナ」
下北沢小劇場B1にて上演し、小劇場では稀なスタンディングオベーションを貰うなど、
今、最も注目すべき若手演劇の一つ。

クジラの歌 新里哲太郎 8/22 - 9/2, 2018 @下北沢GEKI地下リバティ

お知らせ

News

@tetsuproduce

Twitter

YouTubeチャンネル

Youtube